やっぱり家は新築の注文住宅が気持ち良い!

私は2018年9月に注文住宅を新築しました。

私は30歳女性の会社員で、夫は2歳年上の会社員で子供はまだいないという家族構成です。

最近の住宅取得はマンションや建売住宅の購入、中古物件やリノベーションなど色々な方法がありますが、住み始めてから感じるのが、やっぱり家は新築の注文住宅が気持ち良いという事です。

現在住宅取得を検討されている方々に、注文住宅を新築することの魅力をお伝えしたいと思います。

多少でも皆様の参考になれば幸いです。

注文住宅新築の1番の魅力は、なんと言っても家を自分の好きな間取りにでき、自分のこだわりを形に出来る事です。

そしてそれに向かって色々考えたり努力したりとポジティブな思考で生活できることも魅力です。

というのも、私達夫婦は結婚した時から、将来はガレージハウスに住むことを目標にしていました。

私は昔から貯金や資産運用に興味があったのである程度の貯金はあったのですが、夫は結婚当時全く貯金なしという状況でした。

最近の住宅取得においては費用のほとんどをローンにしてしまう事も可能ですが、やはり総額の1〜2割は頭金として払っておきたいという考えだったので、コツコツとした貯金が苦手な夫と相談し一緒にできる貯金の方法を検討しました。

具体的には、日々のお財布はそれぞれ別で自由にするが、ボーナスをもらったらお互い定額を貯金用講座に入れ、定期預金にしよう貯金です。

年に2回ガツっと貯金をし、簡単にはおろせないようにする事で、4年ほどでなんとか目標金額に近づきました。

注文住宅で私たちが最もこだわったのが、リビングからガレージが見える間取りにした事で、これは戸建てではまずありません。

また、家事の導線を短くし、無駄な時間を要さないようにしたのも大きなポイントです。

具体的には洗濯です。一戸建てに住んだことのある方は実感がわくと思うのですが、洗濯機が1階にあってベランダが2階にあると、重い洗濯物を持って2階に上がって干して、乾いたらタンスやクローゼットへ…という作業は結構な重労働ですし、時間の無駄です。

なので、まず浴室を2階にしました。その手前の脱衣所に洗濯機を配置し、普段はお風呂に入る前に服を脱いでそのまま洗濯機に入れておきます。

そして、脱衣所の前に干す場所としても使えるフリースペースを作りました。

フリースペースはベランダも面しているので、室内ではありますが風通しが良く日の光も充分あたります。

そしてフリースペースは脱衣所だけでなく寝室とウォークインクローゼットにも面しているので、乾いたら隣のクローゼットに服を収納できます。

また、寝室とクローゼットも繋がっているため朝起きてすぐ服を選べます。

これは日々生活していてかなり楽でしたので、家を新築される際、参考にしていただければと思います。

マッサージのリアル口コミ.com 住宅リフォーム相互リンク集 英語上達の秘訣

英語上達の秘訣2 ダイエットチャレンジ AGAでお悩み解決

エステサロンを上手に利用する情報サイト 健康に役立つ口コミ情報

家に関するブログ