賃貸併用住宅について

住まいの購入など検討時に賃貸兼用住宅を頭に浮かべる方もいたりします。そして家賃で住宅ローン払いでき、将来ローン返済が終われば家賃まるまる収入といった希望をかなえてくれるのではと賃貸併用住宅が注目されています。そして賃貸併用住宅は1棟の建物に自宅部分、賃貸部分がある住宅で、賃貸部にはアパート、マンション賃貸住宅以外に店舗なども含みます。そして賃貸併用住宅を作る目的は自宅に必要な間取り確保し、余ったスペース有効利用して家賃収入得ることです。賃貸住宅が注目される理由は、まずローン返済の負担軽減があげられます。他に年金不足の問題がクローズアップされてる中、家賃収入が老後の資金を確保する有効手段になります。そして少子化などの進行で1世帯当たりの家族数が減少していて、広い自宅スペースは不要で、その分収入源になるスペースに利用したいといった方が増えてることも理由です。そして、一戸建て住宅は住宅ローンを借りた人が自分の給料から返済しますが、賃貸併用住宅は賃貸部の家賃を住宅ローンの一部か全部返済に充てられて、ローンを借りた方の返済負担抑えられます。そして家賃が高い地域、賃貸部分の割合が高い建物はローン返済賄って、さらに収入得られるケースがあります。住宅ローンの返済が終わると家賃収入から管理費など諸経費を差し引いた後の収入を得られます。この利益を、自分の年金にできるのもメリットです。長寿化が進む日本は老後年金不足問題がありますが、年金収入に家賃収入をプラスされると老後資金不安を解消できるケースが高くなります。自宅部分の面積が建物床面積の2分の1以上しめるときは住宅ローンが利用でき、一般にこれはアパートローンより金利を低く借りる方にとって有利な条件となります。住宅ローン金利のほうが低い理由で、自宅部分の比率を高めすぎるのはお勧めしません。賃貸部分の割合が大きいほど入居者が増えて収入が増え、自宅部分の比率が高いほど収益は悪くなります。複数の事業プランをバランスなどを考慮してより良い選択をして下さい。そして、賃貸部分は一戸建てに比べて建築費が高いです。自己資金が少ないとローン借り入れ増やして、返済額も増加します。もし入居率が大きく低下する時は家賃収入が減って、ローン返済をまかないきれなくなりますのでご注意ください。