木造に合う照明、床、窓、家具とは

家を建てるなら漠然と日本の建築を代表する木造がいいなと思う人はいるのではないでしょうか。

しかしながら、木造にもいろいろな方法がありますし、建築には時間がかかるものです。またその内装はどのようにしたらいいのか?どんな家にしようかを考え始めたらきりがないのです。

家は一度建築すると建て替えをするのはとても難しいです。そのため一生のうちの大きな買い物といわれますね。そのため大切なことは住みやすい家を目指して建てることなのです。

その住みやすさを左右するポイントは、家の外観や作りだけではありません。例えばその中に設置する照明や床、窓、家具といったものも大きく左右します。

床や窓といったものに関しては、家を建て始める段階から決めておかなくてはいけないところもあるでしょう。床は私たちが歩くという意味で基盤になるところです。床の色や硬さなどは部屋の印象も大きく決めるので重要なポイントです。

窓に関しては、換気や採光といった面でとても重要です。大きな窓にしたい、2重サッシで防犯や騒音対策にも活用したいという場合もありますね。家を建てる際には、窓枠の大きさも重要になるのであらかじめサイズを決めておく必要があります。また2重サッシにする場合にもあらかじめ取りよせなどの手続きも必要ですから、希望がある場合には要望を伝えておきましょう。

では照明や家具はどうでしょうか。照明は家の建築の時に配線などの工事を行ってもらいますが、照明器具は後から自分でカタログで選んで好きなものをつけることが出来ます。この際には、建物がほとんど出来上がって、そのイメージに合わせて作るのが一番いいかもしれませんね。

更に家具を設置する場合です。最近の木造建ての家でも、始めから収納を多く取って家具はあまり置かないという家もあります。そのため収納はどのくらいあるのか、また家具を置く必要があるのかというところから見極める必要があります。家具を置くということは、ある意味過ごす場所を少し削ることになります。そのためできれば置きたくないという人もいるでしょう。また木造に合わせた家具を見つけるのが簡単ではないので、思い悩んでしまって困るということもあるのではないでしょうか。

そのような場合は、家具を大工さんに作ってもらうことも可能です。木造建築に合わせて色を決めて、内装に合う家具を作成してもらえば、いろいろな不安を一度に解決することが出来ます。