賃貸併用住宅のメリットとデメリット

自宅を賃貸併用住宅にしたら、多くの他人が同じ建物に住むこととなって入居者と顔合わせること多くなります。オーナーがすぐ近くに住んでいるといった理由で入居者からいろんなクレームが直接よせられたり、トラブル巻き込まれるケースがあります。そして建物により隣室などから騒音など気になることも考えられます。万一建物を売却する必要があれば、賃貸併用住宅は売却が難しい物件です。賃貸併用住宅は収益物件としてとらえられて、買い手は収益還元法に基づき購入価格を遠投します。なので、土地相場いくらだからといった考えは通じなくて、価格大幅下げなくては売却できないケースがあります。そして、せっかく賃貸部を設けても入居者がいないとローン返済できなくなります。そして入居者のニーズがあっても家賃が低いエリアは、家賃収入で賃貸部のローン返済賄うのやっとでローン返済はあまりプラスにならなかったりします。そしてこうしたエリアはローンの借り入れできないケースがあって、まず賃貸市場として成り立つエリアか調査が大事です。敷地狭すぎれば、住居部を確保するだけで敷地目いっぱい使ってしまって、賃貸スペース作る空間的ゆとりがなくなります。何坪以上なければならないといった決まりないですが、狭小地は容積率が高いのも大事です。また、規制をクリアしながら計画立てるので、敷地に対してどれぐらいの規模の建築が可能かチェックする必要があります。そして、賃貸併用住宅のプランニングは動線、視線に注意しましょう。動線は道路から玄関でのアプローチであり、自宅と賃貸部の入り口動線を別々にし、なるべく入居者と顔合わせずすむように設計します。日常生活で入居者と視線合わせないような工夫が大事です。賃貸併用住宅は1棟の建物にオーナーと入居者住むことにあって、必ず間に管理会社入れるのが大事です。近くだからと言ってオーナーが慣れてない対応をすれば入居者との関係事態悪化することがあります。入居者からの要望などはオーナーが直接受けないでプロである管理会社が窓口になってもらうのが大事です。入居者とは良き隣人としての関係構築し維持してください。立地条件などをうまく活用してみれば賃貸併用住宅はメリットが大きいです。デメリットなどしっかり認識してお互いストレスないように工夫してください。