自由度が高い家

色々とマイホームに拘りたいと考える事は多いです。マイホームとしては新築がよいという部分がありますが、建売の新築の家ではどうしても気に入らない部分があったりします。家を折角買うのであれば少しでも自分の拘れる部分があるマイホームとしたいのは当然であるといえるでしょう。注文住宅であればそうした事ができるようになります。注文住宅であるからといってすべてを自由にということではないのですが、それでも普通に建売の新築を購入するよりは自由度が高くなるということは間違いないでしょう。注文住宅の家というのはあれこれと注文ができるということになりますが、その中でもできないこともあったりするわけですし、お勧めできないこともあります。例えば法律上問題はないが耐震性が下がるような間取りにするとかそうしたことです。そうしたことをしないで逆に耐震性を必要以上に強くする、ということなどができるようになるのも魅力的なことです。